• メイン画像:内視鏡を持つ医師と、大腸CT 患者さまの想いを第一に考えた検査を心掛けています。
  • メイン画像:受付 地域に必要とされる医療の実現を目指して
  • メイン画像:明るく、開放的な待合室 身体だけでなく心までも癒される空間
  • メイン画像:受付対応 患者さまに寄り添い、心を込めてご対応します。
  • メイン画像:ふじわら内科クリニック 外観 地域の皆さまの声を大切に、地域貢献を目指します。
  • 患者さまの想いを第一に考えた検査を心掛けています。
  • 地域に必要とされる医療の実現を目指して
  • 身体だけでなく心までも癒される空間
  • 患者さまに寄り添い、心を込めてご対応します。
  • 地域の皆さまの声を大切に、地域貢献を目指します。

当院の3つの特徴

当院が患者様のためにこだわっている、3つのポイントをご紹介します。

医院紹介

診療時間は下記の通りです。
(※休診日:水曜午後・土曜午後・日曜祝日)

診療時間
9:00~12:30 ×
15:00~18:30 × × ×

診療カレンダー

ご予約について

アイチケット広場 ご予約は「アイチケット広場」が便利です。詳細はこちらをご覧ください。

お電話でのご予約はこちら 086-250-8070

院長メッセージ

写真:院長 藤原 大輔

大腸CTは画期的な大腸精密検査の新たな手段としてこれから普及していくものと思っています。しかし大腸内視鏡に取って代わるものではないとも思っています。

私は内視鏡の専門医としてキャリアを積んできており、内視鏡の精度の高さや発見と同時に病理診断や治療を行える優位性は今後も重要だと考えています。
大腸CTの重要な点は『検査が楽なので精密検査を受ける方が増える』この点だと思っています。
これまでは検診の便潜血が陽性になったときに次の手段は大腸内視鏡しかなく一気に苦痛のハードルが上がります。
このため検査を拒否したり、陰性の結果がでるまで検便の再検査を希望されたりする方が多いです。そういった方に大腸CTを受けていただくことで、病変がなく検査終了となる方と病変があるため大腸内視鏡に進む必要がある方を選別することができればよいと考えています。

大腸CTが普及することによって、きちんと精密検査を受ける人が増え、大腸がんによる死亡が減少することを期待しています。

ふじわら内科クリニック 院長藤原 大輔

医師紹介