新着情報

睡眠時無呼吸症候群の検査をはじめました

2018年11月02日

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が止まり、ぐっすり眠る事ができない病気です。
大きないびきをかく・日中いつも眠い・居眠り運転をよく起こしそうになる・夜間の呼吸停止・夜中に何度も目が覚める・起床時の頭痛やだるさ
などの症状があり、仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりするなど社会生活に重大な悪影響を引き起こします。
当院では自宅でセンサーを取り付けて寝るだけの簡単な検査で睡眠時無呼吸症候群かどうかがわかる検査をはじめました。
健康保険が使用できます。
1割負担 900円 
2割負担 1,800円
3割負担 2,700円
(検査費用のみ。別途診察料などが加算されます)