インフルエンザワクチン

今日から10月です。

インフルエンザのワクチンの接種が始まる日ですが、今年は新型コロナウィルスの影響で厚生労働省から65歳以上の高齢者を優先的に摂取するように依頼の伝達が各医療機関に届いています。

10/1~10/25は65歳以上の高齢者と60~64歳の呼吸器・心・腎の障害がある方のみの接種期間となっています。

その他の方は10/26から接種開始となっております。

65歳以上の方が接種を受けられるようにご協力をお願い致します。

また今年は多くの方にワクチンを接種するために2回接種を行わないようにしております。

接種料金は
65歳未満の方:税込3500円
岡山市在住の65歳以上の方:無料
となっております。

ワクチン接種の方は予約は不要です。

今年はワクチンが不足する恐れがありますのでホームページ上でワクチン在庫数を毎日情報提供しております。
来院してワクチン接種をご希望の旨受付でお伝えください。

予防接種ご希望の方は
午前は12:00まで 午後は月~金は5:30まで 土曜日は4:30までにご来院下さい。
予防接種後、副作用や体調の変化がないか確認させていただくため、15分間は院内で待機して頂きますのでご了承下さい。

インフルエンザにかからないようにワクチンで予防しましょう。

院長

インフルエンザとコロナウィルスの同時流行に対して

2日前に衝撃的なニュースを耳にしました。

コロナウィルスの流行が始まってからこの冬に流行するであろうインフルエンザとコロナウィルスの対応としてどのような対策を立てるのかは大きな悩みでした。

これに対して厚生労働省は発熱やのど・はな・せき・痰が出た場合の対処を従来の保健所へ連絡ではなく医療機関に直接連絡し、受診の問い合わせをするようにと発表しました。

有効な対策提案は一つもなく、現場の医療機関へ負担を丸投げしたという事です。

現在当院のスタッフは感染の不安と業務の増加による負担と闘いながら地域の医療のために必死で頑張っています。

院内感染防止の観点から発熱・のど・はな・せき・痰のある患者様は屋外のハウスで診療を行っています。

ハウスの診療を実現するためには看護師と医療事務を常時1名ずつハウスへ割いていますので通常診療の人員が1名ずつ減った状態で、明らかに業務の負担が増加しています。

医師もハウスでの診療の度に更衣と移動を繰り返しておりますので通常の患者様を1名診療する場合と比較して5倍程度の時間を費やしています。

ただでさえ疲弊している現場の医療機関の負担を軽減するための政策や提案が何もなかったことに対してとても失望しています。

 

当院の診療内容としては①高血圧や糖尿病など特に症状のない患者様の健康維持 ②内視鏡などの腹部専門医療機関としての診療 ⓷かぜや腹痛などの急性疾患の対応 の3つがあります。

コロナウィルスによって医療機関の負担が増加している現在の状況ではすべてを以前のように診療することはできなくなっています。

当院にかかられている患者様にとっては①②の機能を維持することが有益だと考えています。

大変申し訳ありませんが当院では⓷の急性疾患のうち呼吸器急性疾患については診療機能を低下して対応せざるを得ません。

コロナウィルスは唾液採取で検査できるようになりましたが、インフルエンザ検査は鼻腔か咽頭から粘液を採取して検体を検査するため、くしゃみや咳を誘発し医療従事者の感染のリスクが危惧されています。

症状からはインフルエンザかコロナウィルスかは判断できないため両方の検査を行うべきということになるのですが、リスクが高いため当院では両方とも検査を行わない方針としました。

血液検査を行えば細菌性感染かウィルス性感染かを判断することができます。

ウィルス性感染と判断した場合は症状と身体所見からインフルエンザか否かを診断し、必要な処方を行うことにします。

インフルエンザ検査をご希望の患者様は検査を施行している医療機関への受診をお願い致します。

 

 

ご迷惑をお掛けしますがご理解いただけますようよろしくお願い致します。

 

院長

ハウス診療を開始します

東京を始めとして都市部では新型コロナウィルスの感染が再び増加しているようです。
一時は感染者数が減少しましたが経済活動と人の移動の制限解除に伴い、明らかな増加傾向となっています。
岡山でも散発的に感染者がでているようです。
現在はまだ流行が拡大している状況ではありませんが、今後増加することを考慮して7月27日からハウス診療を開始することにしました。

前回のテント診療とコンセプトは同じで、37.6℃以上の発熱 咽頭痛 鼻汁 咳 痰のある方を院外のハウスで診療します。
目的は前回と同じく院内感染リスクを低減し患者様に安心して頂くことと我々医療スタッフのリスクを低減しこの緊急事態下にも診療を継続することです。
ハウスを設営して診療していますが、決して発熱外来を行うわけではありません。
逆に屋外の診療となるため対象となる患者様には胸部レントゲンや胸部CTなどコロナウィルスの診断に必要な検査機器を使用することができません。
コロナウィルス感染が心配な方はスタッフや院内動線に余裕のある高度な総合病院を受診して頂ければと思います。
発熱や呼吸器症状がみられない患者様は通常通り院内で診療させていただきます。

 

ハウス診療の対象となるのは
37.6℃以上の熱発の方 のどの痛み 鼻水 咳 痰 のうちいずれか一つでもある方です。
また上記症状がある方のうち嗅覚障害 味覚障害 1か月以内の県外への移動 いずれかがある方はコロナウィルス感染の可能性が高いためハウス診療も不可能とさせていただきます。
高度な総合病院などを受診して頂ければと思います。
上記の対応は当院のかかりつけの患者様も新たに来院される患者様も同じように対処させていただきます。

 

ハウス診療開始にあたりいくつかか平時と異なる点があります。
胃カメラはどの曜日でも医師を選択できていましたが、曜日によって検査担当の医師が固定されます。
また水曜日の午後と土曜日の終日は医師が1名しか勤務していないためハウスの診療ができません。
このため発熱及び呼吸器症状がある方は当院では診療できません。
またハウス診療の時間は午前9:00~12:30 午後14:30~17:30です。
通常の診療時間より30分早く終了します。
発熱及び呼吸器症状のある患者様はハウス診療時間内にご来院をお願いします。
ハウス診療終了後の時間は発熱及び呼吸器症状のある患者様の診療ができません。
申し訳ありませんが総合病院などを受診して頂ければと思います。
尚定期の受診時に発熱や呼吸器症状がある方は院内への入室はできませんが、定期薬の処方は行います。
平時にできている診療を提供できなくなることは大変申し訳ないのですが、スタッフも少なく安全な動線を確保できない診療所としてはこのように対処させていただくことが精一杯です。
ご理解いただけますようよろしくお願い致します。

月曜日 院内診療 藤原  ハウス診療 石井
火曜日 院内診療 石井  ハウス診療 藤原
水曜日午前 院内診療 藤原又は石井 ハウス診療 吉村  午後 院内診療 藤原又は石井  午後テント診療 なし
木曜日 院内診療 藤原  ハウス診療 石井
金曜日 院内診療 石井  ハウス診療 藤原
土曜日 院内診療 藤原又は石井 ハウス診療 なし (第2土曜日はハウス診療 難波)

院長

テント診療を終了します

1か月前に開始したテント診療ですが、多くの患者様に”安心して通院できるよ”とか”体調に気を付けて下さいね”とか”地域のために頑張ってくれてありがとう”など温かい声かけを多数いただきました。
新型コロナウィルス対策を支持して頂き、評価して頂いたことでやってよかったと感じています。

現在のところ新型コロナウィルスの流行はひとまず落ち着いてきているようです。
国内の新規発生数も減少していますし、岡山県内では1か月以上新規発生はありません。
また梅雨に入り、屋外でトリアージ(問診と検温)しているスタッフの体力も心配になる状況を鑑みて本日までで屋外でのトリアージ及びテントでの診療を終了することにしました。
来週からは風除室でトリアージを行います。
発熱や呼吸器症状がある患者様にはリカバリー室(個室)へご案内して診察を行います。
これまでテントで診療していた間は内視鏡や診察医を選択できませんでしたが、来週からは平時のように選択可能となります。
ただリカバリー室へご案内した患者様は感染防御の観点から診察医を選択できませんのでご理解をお願いします。

今後は感染者数の動向を見ながら屋外でのトリアージを再開するかを判断していきます。
これからも安心して通院できる環境を維持するべく努力していきます。
ご支援いただけますようよろしくお願い致します。

院長

テント診療を開始します

新型コロナウィルス感染が拡大しています。
健康の被害とともに自粛による経済活動の低下も深刻になってきております。
医療機関はこのような時にこそ地域の皆様のために力を発揮しないといけないと思います。
しかし患者様から医療機関そのものが感染のリスクになるのではないかとの心配の声を毎日の様にお聞きします。
コロナが心配なため必要な受診を中断し、定期内服薬を中断している患者様もおられます。
現在の岡山の状況であればコロナの感染による健康被害より定期薬を中断することによる健康悪化の方が高リスクな状況と思いますが、連日テレビでコロナの事ばかり報道されているためそのような行動になる方がおられることも仕方ないのかもしれません。

そこで私たちは院内感染対策として発熱及び呼吸器症状のある方を5月12日から屋外テントで診療を行うこととしました。
目的は院内感染リスクを低減し患者様に安心して頂くことと我々医療スタッフのリスクを低減しこの緊急事態下にも診療を継続することです。
テントを設営して診療していますが、決して発熱外来を行うわけではありません。
逆に屋外の診療となるため対象となる患者様には胸部レントゲンや胸部CTなどコロナウィルスの診断に必要な検査機器を使用することができません。
コロナウィルス感染が心配な方はスタッフや院内動線に余裕のある高度な総合病院を受診して頂ければと思います。
発熱や呼吸器症状がみられない患者様は通常通り院内で診療させていただきます。

屋外テント診療の対象となるのは
37.0℃以上の熱発の方 のどの痛み 鼻水 咳 痰 のうちいずれか一つでもある方です。
また4日以上の37.5℃以上の発熱と呼吸器症状がある方はテント診療の前に保健所への電話連絡をお願いします。
また上記症状がある方のうち嗅覚障害 味覚障害 1か月以内の県外への移動 いずれかがある方はコロナウィルス感染の可能性が高いためテント診療も不可能とさせていただきます。
高度な総合病院などを受診して頂ければと思います。
上記の対応は当院のかかりつけの患者様も新たに来院される患者様も同じように対処させていただきます。

テント診療開始にあたりいくつかか平時と異なる点があります。
平時は診療にあたる医師を希望を聞いて選択できていましたが、テント診療の担当の医師は院内へ入れませんので医師を選ぶことができなくなります。
同様に胃カメラはどの曜日でも医師を選択できていましたが、曜日によって検査担当の医師が固定されます。
また水曜日の午後と土曜日の終日は医師が1名しか勤務していないためテントの診療ができません。
このため発熱及び呼吸器症状がある方は当院では診療できません。
またテント診療の時間は午前9:00~12:00 午後14:30~17:30です。
通常の診療時間より30分早く終了します。
発熱及び呼吸器症状のある患者様はテント診療時間内にご来院をお願いします。
テント診療終了後の時間は発熱及び呼吸器症状のある患者様の診療ができません。
申し訳ありませんが総合病院などを受診して頂ければと思います。
尚定期の受診時に発熱や呼吸器症状がある方は院内への入室はできませんが、定期薬の処方は行います。
平時にできている診療を提供できなくなることは大変申し訳ないのですが、スタッフも少なく安全な動線を確保できない診療所としてはこのように対処させていただくことが精一杯です。
ご理解いただけますようよろしくお願い致します。

月曜日 院内診療 藤原  テント診療 石井
火曜日 院内診療 石井  テント診療 藤原
水曜日午前 院内診療 藤原又は石井 テント診療 吉村  午後 院内診療 藤原又は石井  午後テント診療 なし
木曜日 院内診療 藤原  テント診療 石井
金曜日 院内診療 石井  テント診療 藤原
土曜日 院内診療 藤原又は石井 テント診療 なし (第2土曜日はテント診療 難波)

院長

今日のありがたい出来事

今日の午前の診療が終わる頃のことでした。
受付のスタッフの一人が診察室にやってきて、妙なことを伝えてきました。
「男の人が受付に来てて、”この前のライブの金テープを先生が持っていなかったらあげます”って言ってます。
 福山雅治さんのライブの事みたいです。」
「ん???誰?その人。」
「全然知らない人です。
 うちの患者さんでもないし、先生にも会ったことないみたいです。」
ライブとは野郎夜のことだとすぐに分かりました。
金テープはライブの時に客席に向けて打ち出されるメッセージなんかが書いてあるテープです。
結構前の方の席にいないと自分のいるところまでテープが届かないのです。
私はこの前のライブではステージからは20列ほど、花道からは8列目でまずまずのところにいましたが、金テープは飛んでこず手に入っていませんでした。
なんだか状況がよく分かりませんでしたが、金テープは欲しいな!って思いました。
診療がまだ終わっていなかったため
「ください。って伝えて」とだけ伝えておきました。
少ししてまたそのスタッフがやってきて、野郎夜6の金テープとお手紙が入った小さな袋を受け取りました。
「先生が書いたブログを見て、福山雅治さんのファンなんだと分かったから持ってきてくれたみたいです。
 先生と同じくらいの年齢の優しそうな人でした」
と状況を説明してくれました。

その方も野郎夜のために岡山から横浜までわざわざ出向き、同じ空間で同じように歌ったり歓声を上げたり拳を突き上げたりしたんだろうと思うと同志のような親しみを感じました。
ブログを読んだだけの私にお手紙まで書いてくれ、キチンと袋にいれて金テープを持ってきてくれたことがとてもありがたいことだと気づきました。
せめてキチンと顔を見てお礼を言えばよかったと思っています。
手紙には今年の全国ツアーのことが書いてありました。
ツアーのライブや次の野郎夜に参加した時にはこの中のどこかにいるんだろうなぁと頭に浮かぶと思います。
本当にありがとうございました。

院長

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
当院は9回目のお正月を迎えることができました。
昨年は念願の二人医師体制での診療を開始し、かなり待ち時間を短縮することができました。
さらに非常勤医二名にも協力していただいており、もう少しで常時二人医師の体制にできると思います。
これからも待ち時間を短縮する努力を続けていこうと思っています。
また水曜日と土曜日の午後も診療を開始しております。
患者様からもお褒めの言葉を多く頂いており、良かったと思っています。

個人的には扁桃腺炎で1週間ダウンしたことが昨年の大きな出来事でした。
その中でも石井医師とスタッフの協力により休診せずに診療を継続できたことは、私にとってとてもうれしい出来事でした。
一人の人間の力には限界がありますので、私を含め全てのスタッフに過度な負担を強いることなく診療を継続できる体制を構築することが院長としての私の役割と思っています。
ある程度は達成に近づいていると実感することができ、私の病欠はうれしい出来事として今は記憶に残っています。

今年は特に大きな変更の予定はありませんが、現在の診療を少しずつでもレベルアップして地域の皆様の健康のお役に立てるよう努力していきたいと思っています。
今年もよろしくお願い致します。

院長

野郎夜6参戦してきました

今日は1年に一度の福山雅治さんの男性限定ライブ”野郎夜6”の日でした。
毎年12月23の旧天皇誕生日に開催されていたのですが、今年からは23日が天皇誕生日ではなくなっており、日曜日に開催されました。
昨年の野郎夜はテーマが”埋もれ歌”という事でアルバムの曲やシングルのカップリング曲をたくさんやっていました。
私のようなライトなファンは知らない曲が多くて、正直イマイチでした。
今年のテーマは”オールシングル曲”!
これぞ福山雅治という代表曲をたっぷり3時間満喫できました。
そして今年の野郎夜はチケットが4年ぶりにSOLD OUTだったようで盛り上がっていました。
来年も野郎夜参加したいです。

興奮冷めやらぬ新幹線の車内から
院長

日本炎症性腸疾患学会と日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会中国地方会に参加致しました

内科医の石井学と申します。
2019年11月29日-30日に博多で開催されました第10回日本炎症性腸疾患学会に、参加して参りました。

日本炎症性腸疾患学会は、炎症性腸疾患に関する学会では、日本最大規模の学会です。乳幼児発症の炎症性腸疾患(very early onset IBD)、単一遺伝子異常による炎症性腸疾患、内科・外科・肛門科の連携に関するパネルディスカッション、クローン病に対するステラーラと潰瘍性大腸炎に対するシンポニーに関するセミナー、炎症性腸疾患の新規治療の位置づけに関するワークショップに参加しました。特に久留米大学免疫学の溝口教授が
『患者さんより学ぶIBD免疫』という題でご講演され、潰瘍性大腸炎やクローン病、monogenic IBDの原因に関する免疫学的な最新の知見を話されましたが、非常にimpressiveな講演でした。

さらに、広島で開催されました日本消化器病学会中国地方会、日本消化器内視鏡学会中国地方会(2019年11月30日〜12月1日)に参加致しました。毎年秋に行われる、消化器に関する学会では、中国地方で最大規模の学会です。兵庫医大の樋田先生が潰瘍性大腸炎に対する局所療法に関してご講演されたセミナー、自律神経障害と消化器障害に関する特別講演、消化器癌治療のワークショップ、C型肝炎からの肝癌・原発性硬化性胆管炎に合併する胆管癌・胃癌・悪性リンパ腫などの慢性炎症と癌に関するワークショップ、滋賀医大の安藤教授のクローン病におけるステラーラの有効性に関するセミナー、山口大学の橋本先生のCTエンテログラフィーに関するセミナー、地方会評議員会に参加し、最新の消化器診療に関する知識をupdateすることが出来ました。また自分の出身医局の先生方や先輩と話をすることができ、楽しい時間を過ごすことができました。今後の外来診療に役立てていこうと思います。

JDDW2019発表してきました

消化器系の医師にとって特別な学会が1年に1度開催されます。
JDDWという学会で、今年は神戸で11月21日~24日で開催されました。
日本消化器病学会 日本消化器内視鏡学会 日本肝臓学会 日本消化器外科学会 日本消化器がん検診学会の大きな5学会が合同で開催する全国学会です。
参加人数は2万人を超えており、国内最大かつ世界的に見ても有数の規模の学術集会です。

今回私はふじわら内科クリニックと国立がん研究センターとの共同演題を発表してきました。
「大腸CT検査を導入した無床診療所における大腸内視鏡検査の件数と待機時間の変化の検討」というタイトルで大腸CTに関連する演題です。
学会初日の11月21日に発表を行いました。
質問も多く頂き、あっという間に発表時間が過ぎていきました。
その後3日間学会にしっかり参加し、内視鏡AIやウィルス性肝炎や炎症性腸疾患などの最新の演題を聴いて帰りました。

帰岡後の本日、司会の先生から”発表内容が優秀で論文化が可能と思われる演題の推薦”に私の演題を推薦したいと打診を受けました。
論文化は発表よりさらにエネルギーを使うのですが、せっかくの推薦を頂きましたので引きうけることにしました。
当院で積み重ねてきた大腸CTの知見を他の医療機関にきちんと提供できるように学術活動にも積極的に取り組んでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

院長

JDDW2019ホームページ