Rad Fanに原稿が掲載されました

当院で大腸CTを開始して約2年が経過しました。
岡山県内にも少しずつ大腸CTを受けられる医療機関も増えてきております。
来年からは消化器がん検診学会を中心として、大腸CT撮影に関する認定検査技師の資格も発足するようです。

放射線科のドクターが読む雑誌のRad Fanから大腸CTに関する原稿執筆の依頼が届き、先日掲載されました。
実は2年前にもRad Fanから原稿依頼を受けており、今回が2回目です。
今年神戸で開催されるJDDWでは当院と国立がん研究センターとの共同研究を発表する予定です。
診療を提供するだけではなく、大腸CT検査がさらに発展していくように研究活動にも精力的に取り組んでおります。
今後とも努力を継続していきますのでよろしくお願いします。

院長

日本ヘリコバクター学会に参加しました

石井学と申します。
6月21日から6月23日に、名古屋市で開催されました日本ヘリコバクター学会に参加致しました。全国除菌レジストリーという、ピロリ菌除菌に関する前向き観察研究の説明会、社員総会(ヘリコバクター学会では、評議員会のことを社員総会と呼びます)、モーニングセミナー、ランチョンセミナー、認定医更新に必要な教育講演会等に参加し、ピロリ菌に関する最新の知見に関する講演を聴講しました。今後の診療に生かしていきたいと思います。

診療時間が変わりました

本日から診療時間が変更になっております。
月~金 9:00~12:30 14:30~18:00
土   9:00~12:30 14:00~17:00
となっております。
水曜日の午後と土曜日の午後はこれまで休診でしたが、診療を行っております。
また午後の診療を30分繰り上げております。
水曜日と土曜日以外の日は2診体制となっております。
石井医師が着任して3か月たちますが、待ち時間が非常に短縮されており来院される患者様から多数のお褒めの言葉をいただいております。
今後も地域の皆様の健康のお役に立てるように改善を繰り返していきます。
今後ともよろしくお願い致します。

院長

消化器がん検診学会に参加しました

6月7日~6月8日と岡山コンベンションセンターで消化器がん検診学会の総会が開催されていました。

私はクリニックの診療のお休みをいただき、学会参加してきました。

大腸CTに関する新たな発表など面白い内容が盛りだくさんでした。

7日の夜には福島県立医科大学教授遠藤俊吾先生 同じく特任教授永田浩一先生 消化器がん検診学会の理事に就任された高野病院副院長野崎良一先生 亀田総合病院医長馬嶋健太郎先生と私の5名でお食事会を開催しました。

国内の大腸CT研究を牽引する先生方と一緒に食事とお酒を頂き、大変有意義な時間を過ごせました。

今後は学術活動をブログの1カテゴリーとして独立して記載します。

今後ともよろしくお願いします。

 

院長

6月1日(土)に内覧会を実施します!


6月1日(土)14:00~17:00で内覧会を行います。

4月から新たに就任した石井医師のご紹介と、新たに導入した内視鏡AIをご覧いただきます。

新しく増築した診察室もご覧ください。

当日は胃がん・大腸がんのミニレクチャーを開催いたします。

ご予約は不要ですので、上記時間内にご自由にお越しください。

ご来院をお待ち致しております。

石井医師の診療が始まりました

本日からいよいよ石井医師の診療が始まりました。
まだまだ慣れないことも多いと思いますが、徐々に力を発揮してくれるものと信じています。

二人医師体制になったのち当院として取り組みたいことがあります。
患者様にもご協力いただきたいことがあります。
当院は主治医制にしないようにしようと思っています。
二人の医師で診療の方針や判断の基準をしっかりとすり合わせて、どちらが診察しても同じ対応をするように心がけます。
また電子カルテを活用して患者様の情報を共有できるようにしていきます。
例え二人の医師に交代で診察を受けても、きちんと継続性のある診療を提供するようにしていきます。
”〇〇医師がかかりつけ”ではなく、”ふじわら内科クリニックがかかりつけ”と認識して頂けるとありがたいです。
もちろん患者様には医師を指名できるようにしますので、こちらで勝手に診察医を決めることはありません。
できれば上記のことをご理解いただき新任の石井先生を積極的に指名して頂けるとありがたいです。
私と石井先生の両方をよく知っていただき、患者様の方からも石井先生を当院の仲間として受け入れて頂けるとありがたいです。
石井先生が力を発揮できれば、ふじわら内科クリニック全体が地域の健康のためにさらに力を発揮できることにつながると信じています。

また7月1日から診療時間を変更いたします。
午前の診療時間は変更ありません。
午後の診療時間を30分早めて14:30~18:00とさせていただきます。
これまでは水曜日と土曜日の午後は診療していませんでしたが、水曜日と土曜日の午後も診療を開始いたします。
水曜の午後は他の平日と同様に14:30~18:00とさせていただきます。
土曜日の午後は14:00~17:00とさせていただきます。
時間の変更に伴いご迷惑をお掛けいたしますが、さらに充実した診療を提供できるように努力していきます。
ご理解いただけますようよろしくお願い致します。

院長

内視鏡を新しくしました

今週の月曜日に新しい内視鏡がやってきました。
開院以来オリンパス社の内視鏡を使っていましたが、
近年フジフィルム社の内視鏡が急速に性能を高めています。
今回の更新はフジフィルム社製の内視鏡にしました。
診療所では少し性能を落とした廉価版の内視鏡を使用しているところが多いですが、
当院では大学病院や総合病院で使用している高性能の内視鏡を導入しました。
このことでたくさんの恩恵があります。
⓵画質がよくなった
 カメラのCCDとモニターの画素数が格段によくなっているのできれいな写真が撮れます。
⓶送気・送水・吸引が早くなった
 カメラには空気を送り込んだり吸い込んだりする小さな管が通っています。
 この管の径がわずかに広くなっているため、送気・送水・吸引が早くなりました。
 特に経鼻胃カメラの時には効果を実感します。
 患者さんにとっては検査が少しでも早く終わるため苦痛が軽くなる恩恵があると思います。
⓷特殊光観察ができるようになった
 NBI BLI LCIと呼ばれる特殊な光を当てることによって早期の癌を発見しやすくなる技術があります。
 今回の内視鏡にはこの技術が搭載されているため精度の高い検査を行うことができるようになります。
⓸拡大観察ができるようになった
 内視鏡の先端に顕微鏡と同じようなレンズが付いており、135倍まで拡大できます。
 病変の細かい表面構造や血管パターンを確認することができるようになりました。
 生検をして組織を確認する前に病変の悪性度をかなり正確に診断できるようになりました。
 これにより病変を発見した時に内視鏡で切除すべきかどうかの判断がより正確になります。
⓹二酸化炭素ガス送気を行えるようになった
 内視鏡を行う時には胃や大腸を空気で膨らませて観察します。
 観察後はできるだけ空気を抜いた状態にして検査を終えるのですが、
 全ての空気を抜いてしまう事はできません。
 このため検査後の膨満感がしばらく続くことになってしまっていました。
 これからは空気ではなく二酸化炭素ガスを送気して観察します。
 二酸化炭素ガスは非常に速やかに胃腸の中で消えていきます。
 検査終了後速やかに膨満感が消えていくと思います。

そして最も楽しみにしていることは内視鏡AIを4月に導入することです。
この技術はAIメディカルサービスというベンチャー企業が世界最先端で研究している技術です。
ガンが疑われる病変をカメラがとらえると、医師に病変の存在を知らせてくれます。
現在は平均的な専門医の診断力と比べても遜色ないレベルまで来ているようです。
そしてこれから数年間で人間の及ばないところまでレベルが上がると考えられています。
現在都市部の大学病院やがんセンターなど特殊な医療機関など国内40施設にしかありません。
岡山県内には大学病院を含めても1台もありません。
当院は研究協力医療機関になりましたので岡山県第1号の内視鏡AIを受けられる医療機関になります。

4月には石井医師が着任し、5月には進行中の第2期増築工事が終わります。
新任の石井医師と内視鏡AIのお披露目となる内覧会を計画しています。
さらに高いレベルで地域医療に貢献できるようにこれからも努力を続けていきます。
これからも引き続きよろしくお願い致します。

院長

AIメディカルサービス ホームページ
内視鏡AI サイエンスZERO

第4回外来患者様アンケート 受け止めました

昨年10月に行いました外来患者様アンケートは1060件のご回答をいただきました。
多数の回答をいただき誠にありがとうございました。
今後の医院運営にいかしていきたいと思います。
またコメントも多数いただきました。
全職員で目を通しております。
中には感激するほどうれしいコメントや身が引き締まるような厳しいコメントがありました。
全て大切な財産として、全員でしっかりと受け止めました。

直ちに対応できることは対応を開始しております。
また直ちに実行できないことも今後の課題として取り組んでいこうと思っています。
今回のアンケートの中からいくつかのコメントを紹介させていただきます。

お褒めの言葉を169件いただきました。
代表して4件紹介させていただきます。(全て原文まま)
① 先生の親切な、そして丁寧な説明と診察、看護師の方・受付の方の皆様が優しく丁寧で安心できます。特に先生には我が家・家族皆信頼し、少しの事でも先生へ(ふじわらへ)行って来たらといいます。良い医院に出会えて、皆が健康で過ごすことができるといいと思っています。これからも地域の良い医院でありますように。
→ありがたいお言葉をいただきありがとうございます。これからも期待に応え続けられるようにスタッフ一同成長していこうと考えております。これからもよろしくお願いします。

② 胃カメラ中、背中をさすって下さったり、声をかけてくれた看護師さん対応に感激した。検査を安心して受けられた。胃カメラの画像を見ながらの先生の説明がゆっくり丁寧にしてくれてよかった。
→お褒めの言葉をいただきありがとうございます。内視鏡検査は私たちが最も自信を持って提供している診療です。患者様の検査の不安を少しでも取り除くために様々な工夫をしています。また受けていただいた検査の結果をしっかり理解し、納得していただくことも検査の一部だと考えています。これからもよろしくお願いします。

③ 人、院内すべて清潔感があるように思う。
→お褒めの言葉をいただきありがとうございます。少しでも気持ちよく通院していただくために、午前と午後の診察終了後にスタッフ全員で1日に2回清掃(デスク上 床 椅子 トイレ 外のゴミ)しています。4か月ごとに専門の清掃業者に専門清掃(床ワックス 窓 換気扇 エアコン)を依頼しています。これからもよろしくお願いいたします。

④ 新しい待ち時間システムで、ネット予約すれば待ち時間が短縮されるようになったのは良かった。
→お褒めの言葉をいただきありがとうございます。待ち時間の改善に全力を挙げて取り組んでおります。まだネット予約を利用されていない方がおられます。ネットやスマホが苦手な方は電話でも順番予約ができるようになっております。詳細が知りたい方はスタッフにお問い合わせください。

ご要望の言葉を56件いただきました。
代表して4件紹介させていただきます。(全て原文まま)
① 利用される患者様が多く、待ち時間が長いことがありますが、患者様が多いことは医師の信頼が大きいと思われます。日々患者様の利用日の少ない日時を知らせていただけたら幸いです。
→待ち時間が長くなってしまい、誠に申し訳ありません。待ち時間が短い時間帯は火曜日・金曜日の午後です。逆に待ち時間が長い時間帯は月曜日・水曜日・土曜日の午前です。この情報は院内の情報モニターでも見ていただけるようにしました。ご指摘いただきありがとうございました。
またH31年4月から常勤医師を招聘し勤務開始します。待ち時間がかなり改善されるのではないかと考えております。よろしくお願いします。

② 4人がけの椅子の奥側は座りにくいので、間隔を空けていただければ座りやすくなると思います。
→院内が込み合いまして、誠に申し訳ありません。待合の面積が限られておりまして、少しでも多くの方におかけ頂けるように現在の配置になっております。H31年1月~5月に増築工事を行い、待合スペースを広げて快適にお待ちいただけるようにする予定です。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

③ 午後から診察する時、後から来た人がサーっと前に入るので、受付で一番の方はどなたですか?と声をかけてほしいと思います。
→患者様の来院順番の把握が十分にできておらず、誠に申し訳ありません。午前と同様に午後の診察開始前(開門2時45分 診察開始3時)に順番待ちの記名用紙を準備しました。2時15分に玄関前に出しております。ご指摘いただきありがとうございました。

④ 静かな音楽が流れているので、心静かに診察までの間待つことができる。診察室前の椅子に誰か座っていたら、診察内容を聞かれているのではと思う。
→診察内容が聞かれていないかご心配をおかけして誠に申し訳ありません。診察室前の椅子に長く座る方がいないように配慮いたします。また診察室前に消音機を設置しました。診察室内の声が聞き取りにくくなる装置です。これからもプライバシーの保護に努力していきます。ご指摘いただきありがとうございました。

これからも地域の健康を守るために努力を続けていきます。我々の努力と皆様のご協力によってよい診療が成り立つと思います。今後ともよろしくお願い致します。

院長

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
当院は8回目のお正月を迎えることができました。
今年はついに念願の二人医師体制で診療を行うことができるようになります。
新任医師は私の大学の二年後輩の石井学先生です。
現在は川崎医科大学で講師を務めています。
私と同じ消化器が専門で、特に潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患が専門です。
消化器の診療機能をさらに高めていこうと思っています。

実は二人医師体制にしようと思った理由は二つあります。
一つ目は待ち時間対策です。
ここ数年は待ち時間が大変長くなっており心苦しく思っていました。
この懸案が改善すると思います。
もう一つはクリニックの安定のためです。
忙しくなってくるにつれ、私は心の奥に自分が倒れたらどうなるのか・・という不安が常にありました。
私も生身の人間ですから、急病や不慮の事故があった場合にある日突然診療ができなくなってしまいます。
かかりつけの患者様がどうなるのかという不安とスタッフの仕事がなくなってしまう不安がありました。
医師が二人いれば、万が一の時にも診療が継続できます。
これで私にとって大きな不安が取り除かれることになります。

今後二人医師体制になったのち当院として取り組みたいことがあります。
患者様にもご協力いただきたいことがあります。
当院は主治医制にしないようにしようと思っています。
二人の医師で診療の方針や判断の基準をしっかりとすり合わせて、どちらが診察しても同じ対応をするように心がけます。
また電子カルテを活用して患者様の情報を共有できるようにしていきます。
例え二人の医師に交代で診察を受けても、きちんと継続性のある診療を提供するようにしていきます。
”〇〇医師がかかりつけ”ではなく、”ふじわら内科クリニックがかかりつけ”と認識して頂けるとありがたいです。
もちろん患者様には医師を指名できるようにしますので、こちらで勝手に診察医を決めることはありません。
できれば上記のことをご理解いただき新任の石井先生を積極的に指名して頂けるとありがたいです。
私と石井先生の両方をよく知っていただき、患者様の方からも石井先生を当院の仲間として受け入れて頂けるとありがたいです。
石井先生が力を発揮できれば、ふじわら内科クリニック全体が地域の健康のためにさらに力を発揮できることにつながると信じています。
ぜひご協力いただけますようよろしくお願い致します。

また今年の後半からは患者様アンケートでも依頼があった水曜日午後と土曜日午後の診療を開始しようと思っています。
地域の医療に貢献できるように少しずつでも改善を繰り返していこうと思っています。
今年もよろしくお願い致します。

院長

広島県石神からの初日の出

野郎夜5参戦してきました!

以前のブログにも書きましたが、私は奥華子さんと福山雅治さんのファンです。
福山雅治さんのライブは男性ソロではなかなか行きにくいのですが、男性限定ライブを12月23日の天皇誕生日にやってくれています。
ちなみに翌日のクリスマスイブは女性限定ライブです。
2年前からこの男性限定ライブに行っています。

今年も参戦してきました。
初回の参戦の時はまさかの最後列でしたが、今日は前から4列目でめちゃくちゃよく見えました。
来年からは12月23日が天皇誕生日じゃなくなってしまうので、今回の野郎夜で最後になるのではとネット上では憶測が流れていました。
福山雅治さんのライブは満席が当たり前なのですが、この野郎夜だけは満席になっていないのです。
それが来年から平日になってしまっては終了もやむなしかなと思っていました。
18000人入れるパシフィコ横浜でやっているのですが、今年の参加者は17499人であと少し足りていなかったようです。
ライブの最後にその件に触れていて”来年の12月23日って調べたら月曜日なんだよ。それでもみんな来てくれるの?”
この質問だけ野郎達の反応が薄かった。リアルだ。
”じゃあ来年は12月28日の土曜日にやろうか!”
”うおおぉぉぉーー!!”
来年もぜひ参加したいと思います。
しっかり充電できたので今年もあと少し診療頑張ります。
クリスマスを含む2連休に出かけさせてくれた奥様とお義母様に感謝です。

院長