内視鏡AI見学してきました

先週末池袋のAIメディカルサービスという会社のオフィスを見学してきました。
この会社は内視鏡AIを研究している会社です。
この分野では間違いなく世界で一番進んでいるグループです。

内視鏡AIとは簡単にいうと医師の目の代わりにAIが胃カメラの動画を見て診断のサポートをする技術です。
内視鏡の動画をリアルタイムに判断し、検査を施行している医師にがんが疑われる部位を知らせてくれます。
この技術がすごいスピードで進歩しており、すでに平均的な医師の診断能力を超えているそうです。
これからもどんどん進化していき、近い将来トップクラスの医師の診断能力も超えていくでしょう。

9月に参加した先進画像研究会でこの会社のCEOの多田先生の講演を聞いて衝撃を受けておりました。
今回オフィスで実機を見せていただき、実際の動作を見てさらに大きな衝撃を受けました。
ぜひこの技術を当院で提供したい!と強く思いました。
まだまだ新しい技術で岡山県内に導入している医療機関はありません。
いくつか解決すべき問題があるので来年の4月導入を目標に動いていきます。

院長