あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
当院は11回目のお正月を迎えることができました。

昨年もコロナ禍の中の診療を継続しました。
現在日本では感染数は落ち着いておりますが、新型株の出現により今後再増悪も懸念されております。
私たちも最前線の医療機関の一つとしてコロナ対策をきちんと行い安全に医療を提供していきたいと思っています。
またワクチン接種事業の接種会場として微力ではありますが地域医療に貢献していきたいと思っております。

昨年の4月に小児科診療を開始できました。
大人も子供も一緒に診療を受けられるようになったことを嬉しく思っています。

今年もコロナ禍の中の生活となる可能性が高いと思っています。
感染の対策と充実した生活を両立できるようにコロナの研究と対策が進んでいくことを願っています。
そして我々にできることがあれば地域の医療のために関わっていこうと考えています。
今年もよろしくお願い致します。

院長