BLOG」カテゴリーアーカイブ

女性医師の診療を開始します

11月6日水曜日から水曜日の午前中に女性非常勤医師の診療を開始します。
日赤病院で外来診療している吉村先生です。
笑顔が優しい女性の先生です。
胃カメラや大腸ファイバーも担当してもらうことになっていますので、女性の患者様も検査を受けて頂きやすくなると思います。
よろしくお願いします。

院長

非常勤医師の診察を開始します

石井医師が赴任し2名の医師で診察を開始してもうすぐ半年が経過します。
待ち時間がとても短くなり来院される患者様にも好評のようです。
水曜日と土曜日は1名の医師での診察を続けていますので少し待ち時間が出るようです。
土曜日の非常勤医師の診察を開始することにしました。
まずは第2土曜日に日赤病院の消化器内科にご勤務の難波先生に診察をお願いすることになりました。
診療の技術が高いことはもちろんのこと人柄もとても優しい先生です。
医師を指名するスタイルは変更しませんのでよろしくお願いします。

院長

扁桃腺炎に罹患しました

最初に異変を感じたのは月曜日の午後の診療中のことでした。
”なんだか喉がいがらっぽいな、、、空気が乾燥しているのかな?”という程度でしたが、
診療を終えた18時頃には肩や首に嫌な倦怠感が広がっており、熱が上がる予感がしていました。
後片付けを終えて帰ろうとした20時頃には喉の痛みが悪化しており、体が熱っぽい感じがしました。
ちょうどインフルエンザが流行しており、もらってしまったと思いました。
治療は少しでも早い方がいいと思い、隣のくまぎし薬局の熊岸先生にお願いしてイナビルを吸入させてもらいました。
しかし夜には40℃まで熱が上がり、久々にダウンしてしまいました。
翌朝インフルエンザの高感度検査でチェックしましたが結果は陰性でした。
”半日も経過して陰性なのはすでにイナビルを使ったからなのかな?”と考えてしまいました。
解熱剤を飲んでも熱は39℃以上のままなので到底診療できず、開業以来初の病欠をしてしまいました。
その日夕方まで39℃以上のままで階段の昇降もままならず、これは本当にインフルエンザか?とようやく疑い、発症から丸1日経過して血液検査をしてみました。
自宅で採血してもらい、クリニックでの結果を電話で聞きました。
WBC29600 CRP9.6 やばい!インフルエンザじゃない! 扁桃腺炎だ!
フラフラの体を動かしてクリニックで抗生剤点滴をしてもらいました。
その日から点滴を繰り返したおかげで徐々に改善しており、今日は解熱剤なしでも37.0℃程度でWBC6500 CRP5.8とデータも良くなっていました。
来週からは完全に復活して診療できると思います。
今回のことで1日の診断の遅れがいかに患者さんの体調に悪影響を及ぼすか自分の身を持って理解できました。
正確な診断と適切な治療を行うようにこれまで以上にまい進します!

良かった点もありました。
私の急な体調不良時の診療の継続は医師を2名にした目的の一つでした。
今回石井医師とスタッフはとても良く協力して診療を継続してくれ、私は安心して療養することができました。
1週間も休診してしまうと地域の患者様に多大なご迷惑をお掛けしてしまうところでしたが、それを回避することができとても嬉しく思っています。
また患者様から私の体調を気遣う声かけを多数いただいたとお聞きしております。
病床でとてもありがたく回復の力になりました。
ありがとうございました。

来週の水曜日(10/9)は石井医師の診療の予定でしたが、藤原医師の診療となります。
よろしくお願いします。

院長

インフルエンザワクチン

もうすぐ10月です。
10月1日からインフルエンザワクチンの接種を開始しております。
接種料金は
65歳未満の方:税込3300円 (税外3000円)
2回接種を希望される方の2回目:税込2200円 (税外2000円)
岡山市在住の65歳以上の方:2080円
岡山市在住の65歳以上で助成券の対象の方:1040円
となっております。

ワクチン接種の方は予約は不要です。
来院してワクチン接種をご希望の旨受付でお伝えください。

予防接種ご希望の方は
午前は12:00まで 午後は月~金は5:30まで 土曜日は4:30までにご来院下さい。
予防接種後、副作用や体調の変化がないか確認させていただくため、15分間は院内で待機して頂きますのでご了承下さい。

インフルエンザにかからないようにワクチンで予防しましょう。

院長

第5回外来患者様アンケートを行います

4年前から毎年10月に外来患者様アンケートを行っております。
このアンケートを実施することによって、私たちが地域の皆様からどのような役割を求められているのかよく知ることができるようになりました。
この1年間ご指摘いただいたことをできるだけ改善するように努めてきました。
駐車場の増設 CT導入 アイチケット導入 内視鏡検査のweb予約 診察室前の消音器設置などは患者様アンケートからの意見を形にしたものです。
これからも医院の方針を決定するための重要な機会だと考えています。
今年も10/1~10/31の期間で第5回外来患者様アンケートを行います。
1~2分で記載が終了する内容になっております。
より良い医院を作り上げていくためにご協力いただけますようよろしくお願いします。

院長

内視鏡検査のオンライン予約を開始しました

7月1日から水曜日 土曜日の午後診療を開始して2か月が経過しました。
同時に内視鏡検査の検査枠を増やしております。
胃カメラについては月火木金は午前5名 午後4名
水土は午前4名 午後3名の検査枠を確保できました。
また大腸カメラと大腸CTについては月火木金は5名 水土は4名の検査枠を確保できました。
本日9月1日から胃カメラと大腸カメラの予約をオンラインで受け付けることにしました。
アイチケットのページから予約できるようになります。
アイチケット広場
これまでは来院していただいて予約を取るか、当院の診療時間内に電話をかけていただいて予約を取っておりましたが、休日や夜間に予約を取ることができるようになります。
利便性がアップすると思いますので今後ともよろしくお願い致します。

注意事項
大腸カメラの方は予約日の三日前までには一度ご来院をお願いします。
ご来院がない場合はキャンセルとさせていただきます。
抗血栓薬を内服されている方と鎮静剤をご希望の方はこのシステムでは予約できません。
一度ご来院いただき、医師からの説明の上予約させていただきます。

院長

診療時間が変わりました

本日から診療時間が変更になっております。
月~金 9:00~12:30 14:30~18:00
土   9:00~12:30 14:00~17:00
となっております。
水曜日の午後と土曜日の午後はこれまで休診でしたが、診療を行っております。
また午後の診療を30分繰り上げております。
水曜日と土曜日以外の日は2診体制となっております。
石井医師が着任して3か月たちますが、待ち時間が非常に短縮されており来院される患者様から多数のお褒めの言葉をいただいております。
今後も地域の皆様の健康のお役に立てるように改善を繰り返していきます。
今後ともよろしくお願い致します。

院長

6月1日(土)に内覧会を実施します!


6月1日(土)14:00~17:00で内覧会を行います。

4月から新たに就任した石井医師のご紹介と、新たに導入した内視鏡AIをご覧いただきます。

新しく増築した診察室もご覧ください。

当日は胃がん・大腸がんのミニレクチャーを開催いたします。

ご予約は不要ですので、上記時間内にご自由にお越しください。

ご来院をお待ち致しております。

石井医師の診療が始まりました

本日からいよいよ石井医師の診療が始まりました。
まだまだ慣れないことも多いと思いますが、徐々に力を発揮してくれるものと信じています。

二人医師体制になったのち当院として取り組みたいことがあります。
患者様にもご協力いただきたいことがあります。
当院は主治医制にしないようにしようと思っています。
二人の医師で診療の方針や判断の基準をしっかりとすり合わせて、どちらが診察しても同じ対応をするように心がけます。
また電子カルテを活用して患者様の情報を共有できるようにしていきます。
例え二人の医師に交代で診察を受けても、きちんと継続性のある診療を提供するようにしていきます。
”〇〇医師がかかりつけ”ではなく、”ふじわら内科クリニックがかかりつけ”と認識して頂けるとありがたいです。
もちろん患者様には医師を指名できるようにしますので、こちらで勝手に診察医を決めることはありません。
できれば上記のことをご理解いただき新任の石井先生を積極的に指名して頂けるとありがたいです。
私と石井先生の両方をよく知っていただき、患者様の方からも石井先生を当院の仲間として受け入れて頂けるとありがたいです。
石井先生が力を発揮できれば、ふじわら内科クリニック全体が地域の健康のためにさらに力を発揮できることにつながると信じています。

また7月1日から診療時間を変更いたします。
午前の診療時間は変更ありません。
午後の診療時間を30分早めて14:30~18:00とさせていただきます。
これまでは水曜日と土曜日の午後は診療していませんでしたが、水曜日と土曜日の午後も診療を開始いたします。
水曜の午後は他の平日と同様に14:30~18:00とさせていただきます。
土曜日の午後は14:00~17:00とさせていただきます。
時間の変更に伴いご迷惑をお掛けいたしますが、さらに充実した診療を提供できるように努力していきます。
ご理解いただけますようよろしくお願い致します。

院長

内視鏡を新しくしました

今週の月曜日に新しい内視鏡がやってきました。
開院以来オリンパス社の内視鏡を使っていましたが、
近年フジフィルム社の内視鏡が急速に性能を高めています。
今回の更新はフジフィルム社製の内視鏡にしました。
診療所では少し性能を落とした廉価版の内視鏡を使用しているところが多いですが、
当院では大学病院や総合病院で使用している高性能の内視鏡を導入しました。
このことでたくさんの恩恵があります。
⓵画質がよくなった
 カメラのCCDとモニターの画素数が格段によくなっているのできれいな写真が撮れます。
⓶送気・送水・吸引が早くなった
 カメラには空気を送り込んだり吸い込んだりする小さな管が通っています。
 この管の径がわずかに広くなっているため、送気・送水・吸引が早くなりました。
 特に経鼻胃カメラの時には効果を実感します。
 患者さんにとっては検査が少しでも早く終わるため苦痛が軽くなる恩恵があると思います。
⓷特殊光観察ができるようになった
 NBI BLI LCIと呼ばれる特殊な光を当てることによって早期の癌を発見しやすくなる技術があります。
 今回の内視鏡にはこの技術が搭載されているため精度の高い検査を行うことができるようになります。
⓸拡大観察ができるようになった
 内視鏡の先端に顕微鏡と同じようなレンズが付いており、135倍まで拡大できます。
 病変の細かい表面構造や血管パターンを確認することができるようになりました。
 生検をして組織を確認する前に病変の悪性度をかなり正確に診断できるようになりました。
 これにより病変を発見した時に内視鏡で切除すべきかどうかの判断がより正確になります。
⓹二酸化炭素ガス送気を行えるようになった
 内視鏡を行う時には胃や大腸を空気で膨らませて観察します。
 観察後はできるだけ空気を抜いた状態にして検査を終えるのですが、
 全ての空気を抜いてしまう事はできません。
 このため検査後の膨満感がしばらく続くことになってしまっていました。
 これからは空気ではなく二酸化炭素ガスを送気して観察します。
 二酸化炭素ガスは非常に速やかに胃腸の中で消えていきます。
 検査終了後速やかに膨満感が消えていくと思います。

そして最も楽しみにしていることは内視鏡AIを4月に導入することです。
この技術はAIメディカルサービスというベンチャー企業が世界最先端で研究している技術です。
ガンが疑われる病変をカメラがとらえると、医師に病変の存在を知らせてくれます。
現在は平均的な専門医の診断力と比べても遜色ないレベルまで来ているようです。
そしてこれから数年間で人間の及ばないところまでレベルが上がると考えられています。
現在都市部の大学病院やがんセンターなど特殊な医療機関など国内40施設にしかありません。
岡山県内には大学病院を含めても1台もありません。
当院は研究協力医療機関になりましたので岡山県第1号の内視鏡AIを受けられる医療機関になります。

4月には石井医師が着任し、5月には進行中の第2期増築工事が終わります。
新任の石井医師と内視鏡AIのお披露目となる内覧会を計画しています。
さらに高いレベルで地域医療に貢献できるようにこれからも努力を続けていきます。
これからも引き続きよろしくお願い致します。

院長

AIメディカルサービス ホームページ
内視鏡AI サイエンスZERO