月別アーカイブ: 2012年12月

TPPと医療

テレビでは連日衆議院選挙に向けて各政党の主張を報道しています。
税制・社会保障制度・原発・TPPなどの争点があるようですが、私はそのなかでもTPPに注目しています。
TPPによって医療がどのような影響を受けるかということです。

日本はいつでも・どこでも・誰でも受けられる医療を国民皆保険の制度で実現してきました。
金銭的に裕福な人も貧しい人も医療機関では同様に扱われ、同等の治療を行っています。
裕福な人でも入院時に個室に入院できることや一部の自己負担の治療を選択できるくらいで、施される治療内容は同じですし診察待ち・入院待ちも同じように待つ必要があります。
これは資本主義という日本の社会の中では特異ともいうべき制度です。
日本人の心の中にある病んだ人は貧富の分け隔てなく同等に扱うべきという感覚から来ているもので、長い年月をかけて醸成された文化だと思います。
そのため医療の価格は制限され、営利を目的とした自由競争も制限されています。
この結果日本の医療は世界的にみるととても単価が安く設定されており、国民は気軽に医療機関にかかることができます。
医療提供側からすると単価が安いことによって個人個人にかかる負担が大きくなるのですが、この制度によって日本人の長寿命が維持されていると思います。

対してアメリカはご存じのように多民族・多人種の入り混じった国家です。
多数の考え方の異なる人々が共存するためにできあがったルールとして、すべてのことに契約が優先されます。
医療においても契約と金銭が優先されています。
裕福な人は高額な医療保険に加入し、病気の時には丁寧で高度な医療が受けられます。
反対に貧しい人は容易に医療機関にかかることはできません。
それが原因で病気の進行を止めることができずに命を落としても、”自己責任”としてやむを得ない結果であると受け止められています。
つまりアメリカでは医療も世の中にたくさんある商品のひとつに過ぎず、金銭的負担に応じた医療が提供されるべきという文化です。
医療の内容についても本人が希望して同意書に印鑑を押し、請求された金額を払えば日本では医師がお断りするような医療行為も行われています。
マイケルジャクソンさんが死亡した事件では、プロポフォールという日本では手術の全身麻酔の時にしか使わないような危険な薬を単なる睡眠薬として使っていてあのような事故が起きたようです。
また胃カメラがしんどいからという理由で、全身麻酔して人工呼吸をしながら定期検診の胃カメラを行うこともあるようです。
提供する側も医療技術を商売のネタにしてはばからない風潮があります。

TPPとは参加する各国の制度や障害を取り払って自由に市場を開放して商品やサービスを流通させようという取り決めです。
しかしこれほどまでに制度や文化の異なる医療の分野で自由にサービスを流通できるわけがありません。
日本の国民皆保険はアメリカの医療業者が参入しようとした時にとても邪魔な存在に見えると思います。
TPPの中に自由なサービスの流通を妨げるものは以前から決まっていた他国の制度も裁判で訴えることができる条項が含まれています。
すでに韓国とアメリカの間で1対1で開始されたFTAという取り決めのためにアメリカの企業から韓国政府が訴えられ、韓国政府が負けています。
そして韓国でずっと以前から続いていた医療保険制度があっという間に崩壊しつつある現状があります。
その先にあるものはお金のある人は丁寧で高度な医療を受けられるようになり、お金のない人は社会保険で行われる最低限の医療を受けるという2極化の道です。
これは現在のアメリカと全く同じ状況です。
TPPに合意すれば同じ道をたどることは容易に想像できます。

普段あまり意識していないと思いますが、日本は間違いなく医療レベルと医療を提供する仕組みの両方で世界で一番進んでいる国です。
アメリカは医療レベルはトップクラスですが医療を提供するしくみは貧弱で恩恵を受けられる人はほんのひと握りです。
将来アメリカと同じような医療提供の仕組みにならないようにTPPを断固阻止する政党に一票を投じようと思っています。

院長