月別アーカイブ: 2016年11月

大腸CT導入と増築工事のお知らせ

来年の6月に最新の大腸精密検査 【大腸CT】を導入することになりました。
従来は検便で陽性となった場合は大腸内視鏡を行う必要がありました。
当院でも大腸内視鏡を行っておりますが、患者様にかかる負担を少しでも軽減できないかと平素から考えておりました。
また毎日2名の方の大腸内視鏡を行っておりますが、予約待ちが約2か月と長くなっており何とかならないものかと考えておりました。
以前学会で大腸CTを知り、これは将来大腸内視鏡に代わりうるすばらしい検査方法だと思っていました。
消化器診療を得意とするクリニックとして検便が陽性となった患者様に検査方法を選択してもらえるように大腸CTを導入することを決定しました。

内視鏡の良い点は観察の精度が高いことです。
また病変を発見した場合は直ちに組織を採取して病理診断を行ったり、内視鏡的に切除して治療までいっぺんに終わってしまう点です。
一方大腸CTの良い点は検査に伴う苦痛が軽いことです。
検査前に飲む下剤の量も少ないですし、肛門から細いチューブを10cm挿入するのみですので体に対する負担が大きく軽減されます。
検査が必要になった場合はそれぞれの検査方法の長所短所をよく吟味して選択していただけるようにしていきます。
私の知っている限り現時点で岡山市内で大腸CTが可能な医療機関は4か所のみです。

また通常のCT検査が可能になります。
CT検査が必要な場合は近隣の病院や診療所に紹介しておりましたが、これからは院内で直ちに検査ができるようになります。

CT導入に伴いH29年1月から5月まで増築工事を行います。
工事に伴いご迷惑をお掛けしますが診療の質を高めていくように努力していきますので、ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

院長
2016