月別アーカイブ: 2018年2月

菅井王位と記念対局

以前のブログにも書きましたが、私は高校生の頃に将棋部に所属しておりました。
高校を卒業してからはほとんど将棋を指す機会もありませんでしたが、クリニックの自己紹介欄の趣味のところに”将棋”と書いておりました。
それがある方の目に留まり、声を掛けられました。
その方は子供将棋教室の先生をしておられる方でした。
その声掛けをきっかけに息子は将棋教室に通うようになり、私はその教室で月に2回ほど対局指導(指導というほどのことはしていませんが)をすることになりました。
こういった経緯で久々に将棋を指すようになっていました。

今年のお正月 奥様から”天満屋の正月福袋でプロの棋士との対局できる権が当たるみたいよ”と教えてもらいました。
まず当たらないだろうと思っていましたが、暇な時間に抽選に参加しておきました。
するとなんと当選し、今日記念対局を指してきました。

対局の相手は岡山出身の菅井王位で昨年羽生さんから王位のタイトルを奪った新進気鋭の若手棋士です。
会場は大山記念館(倉敷出身の偉大な棋士 大山康晴先生の記念館)でした。
菅井王位はなんときちんとした着物姿の登場でした。
平手での対局では相手になりませんのでハンデとして2枚落ち(上手が飛車角抜き)での対局でお願いしました。
対局は終盤までもつれる接戦になりましたが、ハンデを守り切り私が勝利を収めました。
1局の対局に2時間ほどかかりましたが、熱中していたのであっという間に終わった感覚でした。
その後も感想戦をしていただき、貴重な時間を過ごしました。

菅井王位は棋士では珍しく東京や大阪に引っ越していません。
岡山に住んでいながら対局の時には遠くまで移動して対局に臨んでいるとのことです。
地元岡山が好きだという事と岡山の将棋の普及に尽力したいからだとお聞きしました。
一気に菅井王位のファンになりました。
これからは菅井王位の対局に要注目です。

院長