月別アーカイブ: 2018年9月

インフルエンザワクチン 接種開始しました

もうすぐ10月です。
10月1日からインフルエンザワクチンの接種を開始しております。
接種料金は昨年と同じで
65歳未満の方:税込3000円 (税外2777円)
2回接種を希望される方の2回目:税込2000円 (税外1852円)
岡山市在住の65歳以上の方:2050円
岡山市在住の65歳以上で助成券の対象の方:1020円
となっております。

ワクチン接種の方は予約は不要です。
来院してワクチン接種をご希望の旨受付でお伝えください。

予防接種ご希望の方は
午前は12:00まで 午後は6:00までにご来院下さい。
予防接種後、副作用や体調の変化がないか確認させていただくため、15分間は院内で待機して頂きますのでご了承下さい。

インフルエンザにかからないようにワクチンで予防しましょう。

院長

第4回 外来患者様アンケートを行います

3年前から毎年10月に外来患者様アンケートを行っております。
このアンケートを実施することによって、私たちが地域の皆様からどのような役割を求められているのかよく知ることができるようになりました。
この1年間ご指摘いただいたことをできるだけ改善するように努めてきました。
駐車場の増設 CT導入 アイチケット導入などは患者様アンケートからの意見を形にしたものです。
これからも医院の方針を決定するための重要な機会だと考えています。
今年も10/1~10/31の期間で第4回外来患者様アンケートを行います。
1~2分で記載が終了する内容になっております。
より良い医院を作り上げていくためにご協力いただけますようよろしくお願いします。

院長

アルコール専門研修会 登壇してきました

9月18日岡山市主催の勉強会 アルコール専門研修会に演者として参加してきました。
アルコール依存症の患者さんには 精神的な問題 肝臓などの身体的な問題 社会的な問題 家族の問題など様々な問題が起こっています。
そして一人ずつ背景となる状況が異なるため、解決の方法は様々です。
この研修会はアルコール依存症に関心がある医療従事者が集まって他の先生や専門家から知識を吸収しようという趣旨の研修会です。
私は内科医の立場で議論に参加してきました。
アルコール依存症の患者について内科の視点から 精神科の視点から 心理士の視点から ソーシャルワーカーの視点から 様々な職種の方々が色々な意見を交換し、活発な研修となりました。
他の立場の方々の意見が聞けてとても有意義な研修となりました。

院長

GAIA(消化管先進画像診断研究会)に参加してきました

9月9日大阪で開催された消化管先進画像診断研究会に参加してきました。
この会は主に大腸CTを研究テーマとしており、全国から大腸CTを頑張っている医師や技師が集まって勉強する会です。
私は今回で4回目の参加です。
前回からスタッフの有志が参加してくれており、今回は計5名で大阪へ行ってきました。
初日の土曜日は診療終了後大阪へ移動してちょうど大阪で開催されているシルクドソレイユ ”キュリオス”を鑑賞しました。
なんとサプライズで橋本環奈さんが来ていて、演目終了後にセレモニーをやっていました。
夕食は大阪名物串カツをいただきました。

翌日がメインの研究会でした。
内視鏡の分野にもAIが使われるようになっており、すでに消化器内視鏡医の診断能力をAIが超えているのではないかと戦慄を覚えました。
これから実臨床にもAIがどんどん投入されてくると思います。
大腸CTのディスカッションもとても面白く、勉強になりました。
その後国立がん研究センターの永田先生 まつおかクリニックの松岡先生 星野胃腸クリニックの星野先生 大津市民病院の田中先生と夕食をいただきました。
全国で大腸CTを頑張っているドクターと交流できてとても有意義な時間を過ごせました。

明日からの診療頑張ります。

院長