月別アーカイブ: 2020年1月

今日のありがたい出来事

今日の午前の診療が終わる頃のことでした。
受付のスタッフの一人が診察室にやってきて、妙なことを伝えてきました。
「男の人が受付に来てて、”この前のライブの金テープを先生が持っていなかったらあげます”って言ってます。
 福山雅治さんのライブの事みたいです。」
「ん???誰?その人。」
「全然知らない人です。
 うちの患者さんでもないし、先生にも会ったことないみたいです。」
ライブとは野郎夜のことだとすぐに分かりました。
金テープはライブの時に客席に向けて打ち出されるメッセージなんかが書いてあるテープです。
結構前の方の席にいないと自分のいるところまでテープが届かないのです。
私はこの前のライブではステージからは20列ほど、花道からは8列目でまずまずのところにいましたが、金テープは飛んでこず手に入っていませんでした。
なんだか状況がよく分かりませんでしたが、金テープは欲しいな!って思いました。
診療がまだ終わっていなかったため
「ください。って伝えて」とだけ伝えておきました。
少ししてまたそのスタッフがやってきて、野郎夜6の金テープとお手紙が入った小さな袋を受け取りました。
「先生が書いたブログを見て、福山雅治さんのファンなんだと分かったから持ってきてくれたみたいです。
 先生と同じくらいの年齢の優しそうな人でした」
と状況を説明してくれました。

その方も野郎夜のために岡山から横浜までわざわざ出向き、同じ空間で同じように歌ったり歓声を上げたり拳を突き上げたりしたんだろうと思うと同志のような親しみを感じました。
ブログを読んだだけの私にお手紙まで書いてくれ、キチンと袋にいれて金テープを持ってきてくれたことがとてもありがたいことだと気づきました。
せめてキチンと顔を見てお礼を言えばよかったと思っています。
手紙には今年の全国ツアーのことが書いてありました。
ツアーのライブや次の野郎夜に参加した時にはこの中のどこかにいるんだろうなぁと頭に浮かぶと思います。
本当にありがとうございました。

院長

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
当院は9回目のお正月を迎えることができました。
昨年は念願の二人医師体制での診療を開始し、かなり待ち時間を短縮することができました。
さらに非常勤医二名にも協力していただいており、もう少しで常時二人医師の体制にできると思います。
これからも待ち時間を短縮する努力を続けていこうと思っています。
また水曜日と土曜日の午後も診療を開始しております。
患者様からもお褒めの言葉を多く頂いており、良かったと思っています。

個人的には扁桃腺炎で1週間ダウンしたことが昨年の大きな出来事でした。
その中でも石井医師とスタッフの協力により休診せずに診療を継続できたことは、私にとってとてもうれしい出来事でした。
一人の人間の力には限界がありますので、私を含め全てのスタッフに過度な負担を強いることなく診療を継続できる体制を構築することが院長としての私の役割と思っています。
ある程度は達成に近づいていると実感することができ、私の病欠はうれしい出来事として今は記憶に残っています。

今年は特に大きな変更の予定はありませんが、現在の診療を少しずつでもレベルアップして地域の皆様の健康のお役に立てるよう努力していきたいと思っています。
今年もよろしくお願い致します。

院長