下痢と便秘について

下痢と便秘について

下痢と便秘は日常的によく出会う症状ですが、多くの疾患が潜んでいるため診療は簡単ではありません。
下痢のみの場合と便秘のみの場合と下痢と便秘を繰り返す場合に分けて解説します。

下痢

急に起こる下痢

急性の下痢は感染性腸炎のことが多いです。原因はウィルスの場合と細菌の場合があります。ウィルス性の下痢の場合には抗生剤は無効であるばかりか下痢が長引く原因となります。細菌性の下痢の場合には抗生剤を内服して治療を行います。いずれの場合にも水分摂取をしっかりと行い、脱水症を起こさないように注意が必要です。

感染性腸炎はこちら

長く続く下痢

長く続く下痢は小腸や大腸の疾患によって現れることが多いです。潰瘍性大腸炎やクローン病 大腸がん 過敏性腸症候群などが考えられます。下痢が2週間続いた場合は長く続く下痢と考えて受診することをお勧めします。

潰瘍性大腸炎・クローン病

下痢が長く続き、炎症を伴う慢性の病気の代表的疾患が潰瘍性大腸炎とクローン病です。潰瘍性大腸炎は大腸に慢性的な炎症が起こる病気です。クローン病は口腔から肛門周囲までの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍が起こることが特徴の病気です。特に大腸や小腸に炎症ができることが多いといわれています。炎症の程度により症状は異なりますが、長期間下痢や腹痛が続いたり、発熱したり、血便が出たりすることがあります。

潰瘍性大腸炎はこちら

大腸がん

大腸がんは初期の段階では症状が現れにくい病気です。がんが進行すると、便秘気味になったり下痢と便秘を繰り返したりする、便に血が混ざる、便が細くなる、体重が減少する、といった症状が現れることがあります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群にかかると急な腹痛に悩まされたり、お腹の張りが続いたり、定期的に便秘と下痢を繰り返したりすることがあります。検査をしても異常が認められません。症状の出方は患者さんによって様々です。また症状が強い日や軽い日があるなど変動があります。排便すると症状が少し治まることが多いです。原因としては精神的ストレスが引き金になっていることが多いです。ストレスの解消や生活習慣の改善のみで解決することもありますし、薬物療法を行うこともあります。

過敏性腸症候群はこちら

便秘

便秘も多く出会う症状です。多くの場合は機能性便秘という大腸や直腸の動きが乱れて起こる便秘です。大腸がんなどほかの疾患が原因で起こる場合もあります。便秘のせいで腹痛を伴っていることも多くあります。実は“私便秘で困っています“と言って来院される方は多くありません。”私腹痛で困っています“と来院されることのほうが多いです。便秘の診断と解決方法は消化器内科の力を発揮する場面の一つだと考えています。

機能性便秘

最も多いタイプの便秘症です。弛緩性便秘といって大腸を動かす筋肉の動きが弱くなって便が運ばれにくくなることによって引き起こされることが多いです。

大腸がん

大腸がんが大きくなると、腸管の内腔が狭くなったり、蠕動運動がうまくいかなくなったりして、便秘の症状を起こすことがあります。肛門に近い直腸やS状結腸のがんでは通貨障害の症状が起こりやすいです。反対に上行結腸や横行結腸など肛門から遠い場所では便はまだ液状~泥状のため通過障害の症状が出にくいです。

薬剤性便秘

薬剤の中には便秘を起こしやすい薬剤があります。抗うつ剤や抗コリン剤などは便秘を引き起こしやすい薬剤ですが、原病の治療のために中止できないことも多く、下剤の併用を行うことがあります。 またセンナや大黄やプルゼニドやラキソベロンなどの腸管の運動を促進するタイプの刺激性下剤を長期間使用していると、効きが悪くなったり下剤を飲まないと便が出なくなったりして困ることがあります。刺激性下剤の運動促進刺激によって本来大腸を動かすべき神経が麻痺しているものと考えられています。慢性の便秘には非刺激性の下剤を定期的に内服し、それでも出ないときに刺激性下剤を使用するのが正しい使用方法です。旅行に行って便秘になった場合やストレスで便秘になった場合など急性便秘の場合には刺激性下剤が良い適応です。

過敏性腸症候群

便秘型過敏性腸症候群になると慢性の便秘の症状が出現します。

過敏性腸症候群はこちら

下痢と便秘を繰り返す

下痢と便秘を繰り返す場合は過敏性腸症候群の可能性があります。大腸がんや潰瘍性大腸炎などで下痢や便秘を繰り返すこともあるため注意が必要です。

便通に異常が見られた場合は様々な疾患が考えられます。大腸がんや潰瘍性大腸炎やクローン病など重篤な疾患や特殊な治療を要する難病も考えられます。便通異常が2週間以上続いた場合は一度受診して診察を受けることをお勧めします。