よくある大腸の病気・症状

感染性腸炎

感染性腸炎とは

ウィルスまたは細菌が感染することによって、腹痛・下痢・嘔吐・熱発などの症状が現れる疾患です。一般的に嘔吐と下痢の症状はウィルス性腸炎の方が強く、腹痛と熱発は細菌性腸炎の方が強いです。アメーバや真菌(カビの仲間)が感染することも稀にあります。

ウィルス性腸炎と感染性腸炎の診断

ウィルス性腸炎と細菌性腸炎の症状はいずれも腹痛・下痢・嘔吐・発熱です。症状が似ているため、問診と診察のみで正確に診断することは難しいです。細菌性腸炎の治療には抗生剤を使用しますが、ウィルス性腸炎の場合に抗生剤を投与すると無効であるばかりか治癒を遅らせることがあるため両者をできるだけ正確に診断することは適切な薬を選ぶために重要なことです。細菌性腸炎では血液中の白血球数やCRPや血沈に異常がでることが多く、診断の参考になります。

ウィルス性腸炎

ウィルスが胃腸に感染して嘔吐や下痢を起こします。潜伏期間は短く、ウィルスの侵入から数時間~2日程度で発症します。ノロウィルス ロタウィルス アデノウィルスなどが原因として有名です。

感染経路は?
人→人感染

感染者の吐物や便を触った手やその手で触れたものを介して口に入り感染します。また吐物が乾燥しそこからウィルスが空中に飛散しそのウィルスを吸い込むことで感染する場合もあります。

汚染された食品や水から感染

食品からの汚染で多いのは貝類による感染です。牡蠣などの2枚貝を生や加熱が不十分なまま食べることで感染します。

治療方法は?

ウィルスを積極的に退治する治療法はありません。治療の中心は脱水を防ぐためのこまめな水分摂取、腸管の安静、整腸剤の内服などの対症療法となります。ウィルスの種類によって治療法は変わりません。

水分摂取について

ウィルス性腸炎の場合は嘔吐と下痢のため脱水になりやすいです。このため水分摂取が重要になりますが、嘔吐した直後に水分を取るとさらに嘔吐を繰り返す場合があります。このような時は1~2時間あけて水分摂取を再開するとよいと思います。この時に一気に多量に飲むと再び嘔吐する可能性がありますので、10~20cc程度をちびちびと飲む“少量頻回“の方法で飲みましょう。”少量頻回“でも嘔吐する場合は医療機関を受診してください。

経口補水液について

体内で失われた水分や塩分などを速やかに補給できるように成分を調整した飲み物です。経口補水液には“経口補水液OS-1”や“アクアライトORS“などがあります。手に入らない場合はスポーツドリンクで代用するとよいと思います。

吐物や便の片づけは?

吐物や便で床が汚染された場合は感染が広がる恐れが高いです。片づけが終わるまではほかの人にうつさないようにその場から遠ざけましょう。

準備
  1. 処理する人はできるだけ使い捨てマスクと使い捨て手袋を着けましょう
  2. 消毒剤を準備 次亜塩素酸ナトリウム(商品名ミルトン)や家庭用塩素系漂白剤(商品名ハイター)
手順
  1. 吐物や便の上にぼろ布やペーパータオルなどをかぶせ、汚染が広がらないように周辺から中心へ向けて拭き取ります。
  2. 拭き取り後、薄めた消毒剤をしっかり浸すように床を拭き取り、その後水拭きします。
  3. すべてをビニール袋に入れ、口をしばって捨てる。

細菌性腸炎

細菌性腸炎は汚染された食品を食べることによって起こることが多く、夏場や特に注意が必要です。腹痛・下痢・熱発が起こります。下血を伴うこともあります。

カンピロバクター腸炎

細菌性腸炎の中で最も頻度の高い疾患です。鶏肉や牛肉の生食で感染することがあります。潜伏期間が1日~7日と幅があります。

サルモネラ腸炎

カンピロバクターの次に頻度の高い疾患です。生卵や鶏肉から感染することがあります。潜伏期間は半日~2日と比較的短いです。症状はカンピロバクター腸炎より強いことが多いです。

病原性大腸菌感染症

ベロ毒素を産生する腸管出血性大腸菌感染症は特に注意を要します。腹痛・熱発・下血の症状が現れます。抵抗力が弱い方は溶血性尿毒症症候群や脳症を引き起こし、重篤になることがあります。潜伏期間は3~5日です。 牛肉や豚肉の生食で感染することがあります。また少ない菌量で発症するため、人から人への感染も見られます。

治療方法は?

適切に抗生剤を使用します。その他はウィルス性腸炎と同様に水分摂取・腸管の安静・整腸剤の内服などです。