日帰り大腸ポリープ切除

日帰り大腸ポリープ切除

大腸ポリープには腫瘍性と非腫瘍性があり、腫瘍性は腺腫と呼ばれ、成長すると腺がんに発展し大腸がんになります。もう一方の非腫瘍性ポリープの場合も成長して一定の大きさ以上になると腫瘍化する可能性があるため、腫瘍性と非腫瘍性のどちらの場合もポリープの段階で切除することが望ましいとされています。
大腸内視鏡検査時に発見した際、その場で内視鏡による切除が可能ですから、改めて切除だけを受ける必要はありません。ただし、ポリープの数が多い場合や、大きすぎる場合には検査時の切除ができない可能性もあります。
なお、ポリープを見つけた場合の切除は手術ですので、医師が検査前にくわしく説明し、同意いただいてから行っています。

内視鏡検査の際にポリープを発見したら、その場で切除が可能です。ポリープを発見したその場で切除を行う日帰り手術です。大腸ポリープが成長すると内部から大腸がんが発生するため、そうした前がん病変である大腸ポリープを切除することは将来の大腸がん予防になります。当院では、内視鏡検査を10~20分程度で行っており、検査と同時にポリープの切除を行った場合は30分程度で終了しています。終了後は少しお休みいただいてからのご帰宅となり、ご自宅で安静にしていただきます。なお、当院の電話番号に連絡していただければ夜間でも医師の携帯電話に通話が転送されます。緊急時もすぐに対応できるようにしていますので、ご安心ください。
検査時に行えるポリープ切除ですが、日帰りとはいえ手術ですから、術後の出血などを起こさないために食事内容、アルコール摂取、運動などを1週間程度制限していただきます。

大腸ポリープ切除の術後1週間ほどは、出血の可能性があります。それを防ぐために、当日ご帰宅後の安静に加え、いくつか守っていただく制限があります。

飲酒

アルコールは血流を促進してしまうため、出血リスクを上昇させてしまいます。術後の出血を防止するために1週間程度の禁酒をお願いしています。

食事 

当日の食事では、唐辛子などの刺激物や油分の多いものを避けてください。ただし、おかゆなどにする必要はなく、普通の食事でかまいません。

運動

散歩程度でしたら翌日から可能です。テニス、ランニングなどの激しい運動や筋肉トレーニングや重たいものを持ち上げるなど腹圧がかかるような運動は控えて下さい。術後の出血を防止するために1週間程度の制限をお願いしています。

旅行や出張

検査日を決める際には切除の可能性を考慮して、旅行や出張に影響しないスケジュールで調整していただいています。また、迅速で適切な対応が難しい海外や遠方などへの旅行や出張も控える必要があります。

出血があった場合

少量の血液が便に混じる程度でしたら特に問題はありません。出血量が多い、あるいは出血と同時に痛みが起こっている場合にはお電話ください。夜中や朝方でも遠慮なく、すぐにご連絡いただけるようお願いしています。