ピロリ菌検査・除去

ピロリ菌検査・除去

世界保健機関(WHO)の専門組織「国際がん研究機関」は、全世界の胃がんの約8割はピロリ菌感染が原因だという報告書を2014年に発表しています。ピロリ菌は主に幼少期に感染し、胃にすみついて胃や十二指腸に潰瘍などの消化器疾患を起こす細菌です。
衛生状態が改善しているため感染者は減少していますが、東アジアの人種の胃粘膜はピロリ菌に対する免疫力が弱く、日本はピロリ菌保有率の高い国です。人から人への感染も起こるため、両親や祖父母に胃や十二指腸のがんや潰瘍があった場合、感染している可能性が高いと言えます。
ピロリ菌感染は抗生剤による除菌治療が可能であり、除菌が成功すれば胃潰瘍や胃がんなど消化器疾患のリスク軽減につながります。すべての方が一度はピロリ菌の有無を確認し、ピロリ菌を保有している場合は除菌すべきと考えられています。慢性胃炎の方のピロリ菌検査と除菌治療は健康保険が適用されますので、まずはご相談ください。

内視鏡検査時のピロリ菌検査

迅速ウレアーゼ法・鏡顕法・培養法・血中抗体測定・便中抗原測定・尿素呼気試験の6つの方法があります。
当院では、培養法・鏡顕法・血中抗体測定・便中抗原測定の4つが可能です。

健康保険の適用について

健康保険を適用してピロリ菌の除菌療法を受けるには2つ条件があります。一つは除菌開始日からさかのぼって6か月以内に胃カメラを受けていることです。ピロリ菌に感染していると胃がんをすでに発症している可能性があるため、このように決まっています。もう一つは上記の6つの方法のいずれかによってピロリ菌感染を確認していることです。人間ドックなど自費健診でピロリ菌感染のみを診断された場合には、胃カメラを受けなければ除菌療法に健康保険を適用することはできません。

自費診療のピロリ菌検査・除菌治療

どうしても胃カメラを受けたくないが、ピロリを調べて欲しい場合や除菌をしてほしい場合には自費診療による除菌療法を行うことになります。また1次除菌・2次除菌共に不成功となった場合の3次除菌も自費診療となります。

金額 内容
自費ピロリ菌検査費用 7,000円(消費税込み) 診察・ピロリ菌の有無を調べる検査(採血)・後日結果説明
自費ピロリ菌除菌治療費用
(3次除菌も同様です)
11,000円(消費税込み) 診察・除菌薬の処方箋発行・除菌が成功したかどうかの判定検査(検便)と結果説明

自費ピロリ菌除菌治療費用には、お薬代は含まれておりません。別途、薬局にて除菌薬の費用がかかります。
(概ね6,500円~7,000円のお薬代が別途必要です。)

Step1 服用

抗生剤2種類と制酸剤を1週間内服します。
下記のような副作用が起こる場合があります。
下痢 2~3回/日の下痢は水分摂取をしっかり行って除菌薬を続けて下さい。5回/日を超える下痢の場合は来院してください。
味覚異常 まれに味覚異常が起こることがあります。除菌終了後に改善しますので内服を継続してください。
蕁麻疹 薬剤アレルギーの可能性が高いためすぐに内服を中止して来院してください。

Step2 効果判定

1回目の除菌成功率は約90%です。除菌の内服終了後1か月以上経過してから効果判定を行います。

Step3 2回目の除菌治療

1回目の除菌治療で除菌に失敗した場合、2回目の除菌治療を行います。2回目の除菌治療では、抗生剤の組み合わせが変わりますが、服用期間は1回目と同じ1週間です。1回目と2回目の除菌治療を合わせた成功率は97~98%です。

Step4 2回目の効果判定

1回目と同様に除菌の内服終了後1か月以上経過してから効果判定を行います。2回目の除菌で不成功となった場合3回目の除菌療法は自費診療となります。