よくある胃の病気・症状

よくある胃の病気・症状

胃の働きと胃炎・胃潰瘍

胃は食べ物を消化し、微生物などを死滅させるために、強い酸性の胃液を分泌しています。胃酸はpH1~2という強酸性ですが、胃粘膜は粘液というバリアに守られているため通常であれば溶かされてしまうことはありません。こうした優秀なバリア機能を持っているとはいえ、限度を超えるとその働きが不足して炎症を起こすことがあります。暴飲暴食や香辛料の過剰摂取、薬の副作用などによる急性胃炎はこうして起こっています。また、心の動きと胃の働きは密接に関係しているため、ストレスによって防御機能をうまく働かせることができなくなり、炎症が起こるケースもあります。
ヘリコバクター・ピロリ菌感染による慢性胃炎では、胃酸の中でも生息できるヘリコバクター・ピロリ菌が胃にすみついて慢性的な炎症を起こします。粘膜の表面がただれる「びらん」が起き、進行すると胃粘膜の修復力が低下して粘液も減少し、胃酸が直接胃粘膜に触れて粘膜を溶かすことにより胃潰瘍になります。

症状

むかつき、胸やけ、胃の痛み、吐き気などが代表的な胃炎や胃潰瘍の症状です。胃潰瘍の方が症状が強いことが多いですが、胃潰瘍でも症状が全くない方もおられます。胃がんなど深刻な他の胃疾患でも同様の症状が現れることがあります。症状や身体診察だけでは胃炎なのか胃潰瘍なのか胃がんなのか判断できないこともあります。胃の検査をしばらく受けていない方は胃カメラで確認することが重要です。

急性胃炎

みぞおち付近の刺し込むような痛み、胸焼けやむかつき、嘔気・嘔吐などが急に起こります。

慢性胃炎

胸焼け、食後のむかつき、胃のもたれ、腹部膨満感、食欲不振などです。こうした症状がでない慢性胃炎もあります

胃潰瘍

みぞおち付近の強い痛み 食欲不振 吐血・下血などが起こることがあります。

胃炎・胃潰瘍の原因

急性胃炎

暴飲暴食、トウガラシなど刺激物の大量摂取、胃に悪い薬剤、ストレスなど

慢性胃炎

ほとんどは、ヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)感染により起こっています。ピロリ菌は胃酸という強酸の中でも生存でき、長い時間をかけて胃の粘膜に炎症とダメージを与え、胃がんの発生リスクになると報告されています。感染は人から人への経口感染や井戸水などを介して起こり5歳までの幼少時の感染が多いとされています。若い世代では減少傾向にありますが、日本人の感染者数は先進国中ではかなり多くなっています。除菌治療を受けることでピロリ菌を消滅させることが可能であり、これ以上の胃の粘膜のダメージを増やさないようにすることが肝心です。

胃潰瘍

急性胃炎と同様に暴飲暴食、トウガラシなど刺激物の大量摂取、胃に悪い薬剤、ストレスなどが胃潰瘍の原因となります。ピロリ菌に感染している方は胃潰瘍になりやすいです。

胃炎・胃潰瘍の治療

急性胃炎

痛みが始まった原因を除去することと薬物療法が中心になります。

慢性胃炎

内視鏡検査で慢性胃炎の程度を確認し、ピロリ菌感染の有無を調べます。ピロリ菌に感染していたら除菌治療が重要です。胃粘膜を直接観察し、病変があれば組織を採取して確定診断につなげます。慢性胃炎が進行すると胃がんの発生リスクが高くなります。そこまで進行させないために、慢性胃炎はできるだけ早期にしっかり治療を受けることが重要です。

胃潰瘍

潰瘍部から多量に出血している場合は原則入院治療となります。出血部を内視鏡で止血する方法があります。内視鏡で出血が止まらない場合は外科的手術で止血を必要とすることがあります。潰瘍によって胃の壁が全て溶けてしまった場合は胃の内容物がお腹の中へ漏れ出てしまうことになり、穿孔と呼びます。穿孔が起こってしまった場合は緊急開腹手術を行う必要があります。出血も穿孔も起こしていない場合は内服薬による治療を行います。

ピロリ菌の除菌療法

ピロリ菌に感染している場合、症状の緩和や再発防止のためにも除菌治療が重要になります。ピロリ菌感染の検査は、内視鏡検査で行えます。除菌治療は、抗菌薬と胃酸の分泌を抑える薬を7日間服用するという内容です。ただし、この除菌治療の成功率は100%ではありません。そのため、除菌終了後1か月以上空けてから検査を受けて判定します。除菌に失敗した場合には薬を変えて、2回目の除菌治療も可能です。2回の除菌治療を受けた場合、ほとんどの方はピロリ菌除菌治療に成功し、ピロリ菌が消失します。

ピロリ菌除菌はこちら

逆流性食道炎とは

最近増えてきている疾患で、メディアなどで紹介されることも多くなってきています。逆流性食道炎は、胃液や消化途中の食べ物が食道に逆流して炎症を起こす病気です。胃液はとても強い酸性ですが、胃の粘膜は粘液に守られているためダメージを受けることはありません。ところが食道には粘液がなく、強い酸性の胃液にさらされると炎症を起こしてしまうのです。逆流を繰り返すと粘膜がただれてびらんとなり、組織の一部がなくなる潰瘍を起こします。
逆流性食道炎の代表的な症状には、胸やけ、酸っぱいゲップが上がってくる呑酸がありますが、他にも多彩な症状が現れる場合があります。長引く咳や喘息、のどの違和感、耳鳴り、声がれ、胸の痛みなどがあり、違う病気だと誤解して発見が遅れるケースも珍しくありません。

逆流性食道炎の原因

逆流を起こさない仕組みがうまく働かなくなる、蠕動運動が低下する、脂肪分やタンパク質の多い食事、食べ過ぎ、加齢、肥満、姿勢の悪さ、薬の副作用など、さまざまな原因があわさることによって逆流性食道炎が起こります。

逆流を起こさない仕組みがうまく働かない

胃と食道の間にある下部食道括約筋という筋肉のしまりがゆるくなって起こります。

蠕動運動の低下

口から入ったものを肛門側に送る蠕動運動は加齢などによって低下することがあり、これによって胃の内容物が逆流した際にすばやく胃に戻せず食道に炎症を起こすケースもあります。

脂肪分が多い食事

脂肪分が多い食事は、胃酸の分泌を増加させますし、タンパク質は消化に時間がかかるため、とり過ぎると胃酸の逆流が起こりやすくなります。

肥満と腹圧

肥満や前かがみの姿勢などでおなかが圧迫されると腹圧が高まり、胃液の逆流が起こりやすくなります。また、腹部を強く締め付けるベルトやガードルなども逆流性食道炎のリスク要因になります。

薬の副作用

薬の副作用として下部食道括約筋をゆるめる症状が出る場合があり、これによる逆流性食道炎もあります。特に注意が必要なのは喘息、血圧コントロール、心臓の病気で服用する薬です。なお、ピロリ菌の除菌治療の際に逆流性食道炎の症状が出るケースもありますが、軽度であり、治療終了後にはほとんどが解消します。

逆流性食道炎の診断と治療

効果の高い薬剤が登場しており、治しやすい病気です。しかし、生活習慣なども大きくかかわっているため再発しやすく、食生活の改善も重要になっています。 ご注意いただきたいのは、症状だけで逆流性食道炎と断定することはできません。食道がん・胃がん・肺がんなどの重篤な病気から逆流性食道炎に似た症状が出ることがあります。こうした病気でないことを確かめるためにも、症状がありましたら早めに当院を受診してください。特に食道粘膜にびらんや潰瘍がある場合、逆流性食道炎と食道がんを正確に見分けるためには専門医による内視鏡検査が不可欠です。